Skip to content

得をするデカフェの豆知識

デカフェとはカフェイン抜きの飲み物のことを指し、紅茶やコーラなどでもデカフェのものがありますが、一般的にはカフェイン抜きのコーヒーのことを言います。

特に欧米では需要が多く、その割合はコーヒー全体の約1割と言われています。

通常1~2%の割合で入っているカフェインを、デカフェではある方法で取り除き0.2%以下にしていますので、カフェイン0%というわけではありません。

また、このカフェイン含有量0.2%というのは欧米での基準であり、日本においては厳格な基準が設けられていません。カフェインを取り除く方法としては、以下の3種類があります。

1.有機溶媒抽出法有機溶媒(ジクロロメタン)を使用してカフェインを抽出します。
コーヒーの生豆に直接薬品を使って、カフェイン含有量が基準値以下になるまで繰り返し行われますので、
薬品の残留・カフェイン以外の成分も除去されてしまうなどの懸念があります。

2.水抽出法水にコーヒー生豆を浸し、水溶性成分(カフェインも含む)を抽出した中からカフェインだけを、薬剤を使って抽出・除去したのち、カフェイン以外の水溶性成分を豆に戻すという方法です。
薬剤をコーヒー生豆につけることもなく、味・風味といったコーヒーに欠かせないものも失われにくいという特徴があります。

3.超臨界二酸化炭素抽出法二酸化炭素を特殊な「超臨界流体」状態にして、カフェインを除去する方法です。
温度・圧力をさまざま設定することで、除去する成分を指定でき、残留しても毒性の無い二酸化炭素を使用しているため健康を損ねず、味・風味も失われません。

これらの方法で作られたデカフェは、シミ・不眠といったカフェイン特有のデメリットを受けずに、コーヒーに含まれる豊富なポリフェノールで得られるアンチエイジング効果を期待することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です